大阪の河内ワインはワイナリー見学会がおすすめ!説明も試飲も大満足です

シェアする

河内ワイン館のワインショップ

河内ワインは大阪の南のほう、羽曳野市(はびきのし)にあるワイナリーです。

近鉄駒ヶ谷駅から徒歩8分というアクセスしやすい立地で、ワインショップでの試飲、ぶどう畑と工場見学がついたワイナリー見学ができます。

近くのカタシモワイナリーとともに、2019年のG20大阪サミットの提供ワインに選ばれたことで、このエリアへの注目がグッとアップしました。

まあ、河内ワインは梅酒が選ばれたんですけどね笑

G20で選ばれた梅酒スパークリング「ゴールデンパーティ」や、日経なんでもランキングで1位になったにごり梅酒「布袋福梅」は、私が見学に行った日も大人気で、皆さん指名買いに来られていました。安くてうまいっすよー。

あ、もちろんワインもちゃんといいのありますので!

そんな河内ワインの見学やおすすめワインをご紹介します。

スポンサーリンク

河内ワインの基本情報

河内ワインがある“河内(かわち)”と呼ばれるエリアは、羽曳野市のほか、柏原市、八尾市、太子町などからなり、明治時代からぶどう栽培が行われていた地域です。なにげにワインの名産地なんですね。

梅酒製造も有名で、チョーヤ梅酒の本社が同じ駅にあります。

名称河内ワイン
河内ワイン館(ワイナリー見学)
住所〒583-0841 大阪府羽曳野市駒ケ谷1027(MAP)
電話072-956-0181
営業時間平日:10:00〜18:00
土日祝:9:00〜18:00
定休日不定休(年末年始は休み)
料金入場無料
ワイナリー見学会(工場見学+試飲)1620円(税込)
月一少人数ワイナリー見学会(工場見学+試飲+ワンプレート)2500円など
アクセス近鉄南大阪線駒ヶ谷駅より徒歩8分
駐車場25台
公式サイトhttp://www.kawachi-wine.co.jp/index.html
地図

河内ワインのワイナリー見学ツアー・工場見学

河内ワインのワイン

河内ワインのワイナリー見学会は予約制で、6名以下の少人数の場合と団体での予約に分かれています。少人数の場合は曜日と時間が決まっており、たいてい14時からのようです。

見学は30分ほどで、その後ショップのテイスティングカウンターで試飲ができます。試飲は有料無料どちらもあります。違いはワイングラスを使うかプラカップか、それと量です。

全部で2時間もみておけば十分かと思います。私は4時間いたのですがw

今からご紹介しますが、見学はソムリエの方がガイドをしてくれます。めっちゃ“おもろい”ですよ。

河内ワイン公式サイト
ほか、月イチで食事付きの見学プランを開催していたり、イベント的にいろいろなことをされています。詳しくは河内ワイン公式サイトにて。

河内ワインのぶどう畑を見学

河内ワインのぶどう畑

ショップがある河内ワイン館のすぐ近くに、ぶどう畑があります。

ここから、写真右端に見えている山の方までずーっとぶどう畑だそうです。

河内ワインのぶどう畑

ワイン館に一番近い畑の名前は「金銅農園」。河内ワインの創業者の苗字が金銅(こんどう)さん。このあたりは金銅さんだらけだそうです。

梅酒で有名なチョーヤの本社も近くにあるのですが、そちらも金銅さんですね。

ぶどう畑に実るシャルドネ

シャルドネが育ってきています。味見OKなので食べてみると、結構甘い。ですが、まだまだ足りないとのことで、これからどんどん甘くなるそうです。

シャルドネの実

中心に見える種がもっとしっかり見えてきたら収穫。

ぶどう畑に実るデラウェア

こちらはデラウェア。収穫時期が早いので、すでに採りきったあとでした。小さかったり、色づきが十分でなかった葡萄が樹に残っています。こちらは、すごくお馴染みの味。甘くて美味しいです。

今年は、案内してくれたソムリエさんが「初めて経験した」というくらい猛暑日が連続したので、葡萄の管理に神経をとがらせているとのこと。夜になっても気温が下がらず、葡萄に必要な寒暖差が取れないらしいです。

見学にいったのは8月のお盆前なのですが、このあと台風もきて、ほんと自然相手は大変ですよね……。

河内ワインの工場見学

河内ワインの案内看板

ぶどう畑の見学が終わって、次は工場見学です。

その前に、オフィスやレストランなどを見せていただきます。

河内ワインのオフィス

元々の屋号「金徳屋洋酒醸造元」の看板。創業者の金銅徳一さんがつけた名前。

河内ワインの金食堂

こちらはワイナリー直営レストランの「金食堂(こんじきどう)」。蔵を改装したレストランです。常駐のシェフはおらず、週末などに様々なジャンルから招待するシステム。ワインに合う料理を考えるのが、シェフにとっても楽しみになるそう。

河内ワインの金食堂

蔵の中はとても良い雰囲気。会社の宴会や、結婚式の二次会などで貸し切りも可能です。

河内ワインのロマネ金亭

河内ワインのロマネ金亭看板

おお出たw。隣にあるのが、レストラン「ロマネ金亭(コンテイ)」。こちらも貸し切りできます。ちなみに先代の奥様、専務の金銅 真代さんが「ロマネ・金亭」という芸名で、落語をしてらっしゃいます。

河内ワインのロマネ金亭の中

中はこれまたパーティによさげな雰囲気。

DRCロマネコンティ

ロマネ・コンティの空き瓶もディスプレイされていました。

河内ワインの工場

さて次は工場見学です。

河内ワイン工場の壁

なにげに壁は古いワイン樽で造られているこだわり。

河内ワインの醸造ステンレスタンク

すでに仕込みが終わって、タンクの中は充填済み。

ワインの木樽

こちらは木樽発酵の分。

河内ワイン工場内の検査室

味を見る検査室もあります。

ダイハツ・ミゼット

ドラマの撮影にも使われたというダイハツのミゼットも。ほかにも古い道具類が展示されています。

河内ワインのセラー

工場の中に、さらに仕切られてセラーがあります。お客さん案内用を兼ねた熟成庫ですね。

河内ワインの瓶内二次発酵スパークリングワイン

瓶内二次発酵中のスパークリングワイン。本格的です。

河内ワインのディスプレイ

河内ワインの商品をディスプレイ。下の段はすべて梅酒です。全体的に値段が安くて、ええやつの1升瓶でも3000円くらいです。東京から来られた方は値付けにかなりびっくりするとのこと。

子どもが育てている葡萄の樹

メルローの実

余談ですが、工場を出たとこに、子どものおもちゃや育てている朝顔があって、そこに普通にぶどうも実っていました笑 さすがワイナリーのご子息。メルローですかねー。

これで工場見学は終了。次はテイスティングです。

河内ワイン館でワインと梅酒をテイスティング

河内ワインのテイスティングカウンター

見学が終わると、ショップとテイスティングカウンターがある「河内ワイン館」で、ツアーについてくる試飲を行います。

ツアーに参加していなくても、ここで有料・無料試飲ともに可能です。ツアー参加だと、無料試飲でもグラスで出てきます。

ソムリエの北村さん

ここまで素晴らしいガイドをしてくださったソムリエの北村さん。笑いを混ぜながら流暢にお話され、めっちゃ詳しい説明を受けていたので、このワイナリーの創業者一族なんだろうなーと思っていたら、「え?私近所から来てるパートですよ笑」と。そうなの?w

河内ワインの白ワインデラウェア

「ちょっと冷えた白ワインからいきましょかー」と、試飲スタート。この日は平日で、ツアー参加も私1人だったので、話しながらどんどん注いでくださいます。

河内ワインの白ワインナイアガラ

河内ワインの白ワインシャルドネ

ナイアガラ、シャルドネと続きます。ラベルの絵にはそれぞれ意味があります(忘れたw)。

ガツーンと主張してくるワインはあまりなくて、すっきりと食事に合わせやすいものが多かった印象。

凍らせた葡萄

おつまみに出してもらった、凍らせたデラウェア。美味い。皮ごとモリモリいけます。「このあたりの子どもはみんなこれをおやつにしてるんですよー」と。

河内ワインシャルドネ樽熟成

シャルドネの樽熟成は、もうちょい量を飲みたかったので有料試飲でお願いしました。500円です。やっぱり私は樽熟成が好きだなあ。

河内ワインのロゼ

河内ワインのマスカット・べーリーA

ロゼワインにマスカットベリーA。赤ワインは全体的に優しい味わいです。食事に違和感なく合うように。他に国際品種のメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンも飲みました。

さらに写真はのせていませんが、他に限定醸造や特別醸造品も試飲させてもらいました。「まあ今日はおひとりですしー」と、飲み屋並にどんどこ注いでいただきます。ええのかな笑

河内ワインの甘口ワイン

デザートワインの飲み比べも。さらっと書いてますけど、ここまでずっとしゃべりっぱなし飲みっぱなしで、けっこう酔ってます笑

河内ワイン梅酒エビス福梅

河内ワイン梅酒布袋福梅

梅酒もいただきました。「エビス福梅」と、にごり梅酒の「布袋福梅」。この布袋さんの方が、日経なんでもランキングで1位になり、大ヒット中。試飲中も、何人か指名買いに来られていました。

梅の実の果実感が残っていて、とても濃厚。これで2000円しない(720ml)のは安すぎる。人気が出るのもわかる梅酒でした。

おみやげにワインを買って、この日の河内ワイン訪問は終了。ワインもお話もほとんどマンツーでご対応いただきました。いやー、楽しくて4時間もいてしまった。

「楽しんでもらって、河内ワインを好きになっていただければそれでいいんですよー」と言ってくださいましたが、ちょっと大盤振る舞いすぎる気が笑 河内ワイン積極的に飲みます。ありがとうございました。

河内ワイン公式サイト
楽天やAmazonでも買えますが、公式サイトからワイン購入できます。

河内ワイン館へのアクセス・行き方

河内ワインと大阪の地図

河内ワインは大阪の南のほう、羽曳野市(はびきのし)にあります。ざっくりした地図は上のとおり。最寄り駅は近鉄駒ヶ谷(こまがたに)駅です。

大阪(梅田)からなら1時間弱で行けます。JRか地下鉄で天王寺まで行って、近鉄大阪阿部野橋駅に乗り換えればOK。

駅からのルートはgoogleマップでご確認を。(電話:072-956-0181)

駒ヶ谷駅からは徒歩8分。駅をおりたら、北側の橋を渡ります。そして住宅街の中へ。

駒ヶ谷の竹内街道

駒ヶ谷の竹内街道

なんか街の雰囲気がいいなーと思っていたら、歴史のある街道だったんですね。なんと飛鳥時代からとのこと。

竹ノ内街道の案内板

住宅街のなかを歩いて行くと、河内ワイン館が見えてきます。駅から徒歩8分なので、ワイナリーとしてはトップクラスの行きやすさですね。

駐車場も広いので(25台)、車の方も大丈夫です。

河内ワイン館の外観

河内ワイン近隣のワイナリーは?

大阪のワイナリーマップ

河内ワインのある南大阪エリアには、他にもワイナリーがあります。柏原市にあるカタシモワイナリーと、駒ヶ谷駅(河内ワイン)の隣の駅にある飛鳥ワインが近いです。1日でワイナリー巡りをするなら、最適です。

同日に訪れるなら、カタシモワイナリーへは最寄りの安堂駅(徒歩7分)よりも、柏原南口(徒歩11分)を使うとスムーズです。

公式サイト:カタシモワイナリー
住所:大阪府柏原市太平寺2丁目9-14
電話:072-971-6334
最寄り駅:近鉄安堂駅
公式サイト:河内ワイン
住所:大阪府羽曳野市駒ケ谷1027
電話:072-956-0181
最寄り駅:近鉄駒ヶ谷駅
公式サイト:飛鳥ワイン
住所:大阪府羽曳野市飛鳥1104
電話:072-956-2020
最寄り駅:近鉄上ノ太子駅

他に、「がんこおやじの手造りわいん」が有名な仲村わいん工房もあるのですが、今は見学を休止しているようです。

公式サイト:仲村わいん工房
住所:大阪府羽曳野市飛鳥1184
電話:072-956-2915
最寄り駅:近鉄上ノ太子駅

 

ぜひ河内ワインと一緒にワイナリー巡りをしてみてください。大阪サミット(G20)で提供されたワインも多くあって、大阪ワインも面白いものがありますよ。

2019年6月28日〜29日にわたって行われた、G20大阪サミット。初日のワーキングランチや首脳夕食会でさまざまな料理、飲み物が振る...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

 

ワイン通販セール情報バナー