Riedel(リーデル)のワイングラスはやっぱりいい!でもどう選ぶ?

シェアする

riedeltop

Riedel(リーデル)社はワイングラスによってワインの味が変化することに気付き、世界で初めてブドウ品種ごとのワイングラスをリリースした会社です。

オーストリアのグラスメーカーとして250年以上の歴史を誇り、現在リーデルのワイングラスは、有名なロバート・パーカーJrを始め、世界中のプロから信頼され、称賛され、常に最高の評価を得ています。

Photo by:Dave Reffell

リーデル公式サイト
リーデル

スポンサーリンク

リーデルワイングラスの選び方

ワインを飲むなら必ず1つは所持しておきたいリーデルのワイングラスですが、その種類はかなりの数になります。

リーデルの企業理念そのものであるブドウ品種ごとのワイングラス、さらに素材やデザインによって、いくつかのシリーズがあります。

組み合わせは膨大な数となり、単にリーデルのワイングラスが欲しいというだけでやみくもに探すとわけが分からなくなってしまいます。

まずはシリーズごとの特長を把握してグレードと予算のイメージをつかみます。それからシリーズで好みの葡萄品種のワイングラスを揃えていくのがいいと思います。

揃えるにあたっての考え方はこちらの記事にも書きましたので、よろしければご覧ください。

ワインが劇的に旨くなる!ワイングラスの種類とオススメの選び方

この記事が長くなりましたので、手っ取り早くオススメのリーデルワイングラスを知りたいという方に答えを言うと、ヴェリタスシリーズの<リーデル・ヴェリタス> リースリング/ジンファンデルが、リーデル社の見解とみていいと思います(1種類で済ませる場合)。理由と私の個人的なおすすめは後述します。

主な分類ポイントは3つ

リーデルのワイングラスは主に3つのポイントで分類できます。

  1. クリスタルグラスかクリスタリングラス
  2. ハンドメイドかマシンメイド
  3. ステム(脚)の有無

この3点の違いについて説明します。

クリスタルグラスについて

black-tie
Photo by:marketing deluxe

リーデル社の最高級ワイングラス、ソムリエシリーズなどに使われているクリスタルグラスは酸化鉛を含む鉛クリスタルです。

高級ワインに使われ、他社ではバカラでも採用されています。

鉛というと安全性が懸念されるところですが、リーデル社の説明によると、分子構造に完全に溶け込んでいるので、ガラス中の酸化鉛が溶け出すことはないとのことです。

世界各国の法定基準もクリアしており、健康に害を及ぼすことはまずないと考えて大丈夫です。まあ、鉛は常に食物からも摂っていますし、そもそも人体にも含まれていますしね。

安全とはいえ、現在ではイメージがあまりよくない鉛をリーデルが使い続けるのは、当然それを上回るメリットがあるからです。

屈折率の高さによるガラスの輝き、音の響きがまったく違います。さらに、目には見えない超微細な凹凸がもたらすワインの味や香りへの影響があると言われています。

対してクリスタリングラスは、鉛の入っていない無鉛クリスタルで造られています。リーデルのカジュアルブランドであるオヴァチュアシリーズなどに使われています。

カジュアルブランドとはいえ、そこらの安物ワイングラスより遙かに素晴らしいワイングラスです。

クリスタルグラスのシリーズ
ソムリエ
ソムリエブラック・タイ
スーパーレジェーロ
ヴィティス
グレープ@リーデル
ヴェリタス
ヴィノム・エクストリーム
ヴィノム・エクストララージ
ヴィノム
ハート・トゥ・ハート
チロル

クリスタリングラスのシリーズ
オヴァチュア
ワイン
リーデル・オー
スワル

ハンドメイドについて

リーデル社の人気ワイングラスシリーズは熟練職人によるハンドメイドです。対してマシンメイドのシリーズは価格が抑えられていますので、コスパがよくお値打ち感があります。

やはりワインにはその価値に見合う「うつわ」が必要であり、高級ワインを飲む機会があるのなら、ハンドメイドのソムリエシリーズ、スーパーレジェーロなどをおさえておきたいところです。

ハンドメイドのシリーズ
ソムリエ
ソムリエブラック・タイ
スーパーレジェーロ

リーデルのハンドメイドワイングラス製造工場です。※音が出ます

ステム(脚)について

wineglass-stem

普通思い浮かべるワイングラスは、長い脚のついたものだと思いますが、割れやすいという欠点があります。

リーデルでは、普段使いやお子さんのいる家庭でも安心して使えるよう、カジュアルにワインを楽しむシリーズとして、ステムなしのワイングラスをリリースしています。

私などはやはりワインを飲むならステムがある方がいいと思ってしまいますが、高級ワインをバンバン開けるかなりのワイン好きの知人が、普段飲み用にステムなしのリーデル・オーを持っていました。

やはりよくワイングラスを割ってしまうからだそうで。良いワインには別のワイングラスを用意して、普段使いのデイリーワインには、取り回しのしやすいステムなしグラスを用意するのはアリですね。

ステムなしのシリーズ
リーデル・オー
スワル
チロル(台座あり)

リーデルのシリーズ別ワイングラス

リーデルのワイングラスをシリーズ別にご紹介します。価格はリーデル公式の定価で、1脚あたりの価格です。実際は2脚セットで販売されていることが多いので、ご留意ください。また、同じシリーズの中でも、対応するブドウ品種のワイングラスごとに価格は変わります。

ソムリエシリーズ

ソムリエシリーズは、リーデル社ワイングラスの看板シリーズです。すべてのワイングラスがオーストリアのリーデル本社に隣接した工場で、熟練職人により手作りされます。ニューヨーク近代美術館に永久展示されるほど、洗練された完璧なデザインです。

グラスは極めて薄く、リムにあたる唇からダイレクトにワインを感じることができるよう設計されています。デザインは無駄を削ぎ落とし、ほれぼれするほどシンプルでエレガントなスタイル。また、台座にはハンドメイド製品の証である筆記体でのリーデル商標が刻印されています。(マシンメイドはブロック体の刻印)

予算があるなら、すべてこのシリーズで揃えたいですね。

シリーズ名ソムリエ
製法ハンドメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格24,840円

参考:リーデル最高級ワイングラスの飲み比べ記事です

高級ワイングラスの代名詞ともいえるリーデル(Riedel)ですが、その中でもハンドメイドシリーズといわれ、1本1本職人が手作りしてい...

ソムリエ ブラック・タイ

ソムリエブラック・タイは、ソムリエシリーズの看板ワイングラスであるブルゴーニュ・グラン・クリュ誕生50周年を記念して造られたシリーズです。ソムリエシリーズの品質はそのままに、さらに背を高くし、デザインの一部に黒を取り入れたスタイルとなっています。

赤ワイン用グラスはステム部分が黒くなっており、グラスに注いだワインとのシームレスな一体感が美しすぎます。対して白ワイン用グラスでは、ワインの色を邪魔しないよう台座部分に黒を取り入れており、これもまたスタイリッシュな仕上がりとなっています。

シリーズ名ソムリエ ブラック・タイ
製法ハンドメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格27,000円

スーパーレジェーロ

リーデル・スーパーレジェーロは、新しく登場したハンドメイドシリーズで、ソムリエシリーズよりもさらに薄さ軽さを追求したワイングラスです。持ってみるとわかりますが、その軽さは驚異的です。かなり背の高い大ぶりワイングラスでありながら、なんとリーデルシリーズでもっとも小さいオバチュアよりも軽い。

ワイングラスが軽いと、スワリングがしやすくワインを早く開かせることができます。また、グラスの口が当たる部分であるリムの薄さは、味覚に直結します。

ソムリエシリーズのデザインや質感はそのままで、この進化は素晴らしいと思います。

シリーズ名スーパーレジェーロ
製法ハンドメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格12,000円

ヴィティス

ヴィティスは背が高く大ぶりのワイングラスで、ダイヤモンド型と呼ばれるボウルが特徴です。

曲線を描いたボウルの途中から直線的に急激にすぼんでいくデザインで、さらにステムとの継ぎ目がないため、ワインを注いだ際にステム部分にもワインが入り込み、美しいV字を形成します。

シリーズ名ヴィティス
製法マシンメイド
素材クリスタル
ボウルダイヤモンドV字
ステムあり
1脚価格6,480円

グレープ@リーデル

グレープ@リーデルは、ヴィティスシリーズと同様にステムとの継ぎ目がないV字デザインです。ヴィティスのようにボウル形状をダイヤモンド型にはしていないので、通常のスタイルとヴィティスの間といったイメージでしょうか。

グレープ@リーデルもワインを注いだ際にはステム部分にV字が形成されるデザインとなっています。

シリーズ名グレープ@リーデル
製法マシンメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダードV字
ステムあり
1脚価格5,400円

ヴェリタス

リーデル・ヴェリタスは、スタンダードなボウル形状と高めの背を持つシリーズです。リーデル社のベストセラーであるヴィノムシリーズとほぼ同じデザインや質感ですが、ヴィノムよりも平均で15%背が高く、25%軽量に造られています。

ガラスの軽さ薄さ、特に口が当たるリム部分の薄さは味わいに大いに影響しますので、ヴェリタスシリーズは普及型のヴィノムシリーズの上位互換です。実際、現在はこのヴェリタスがメインストリームで、リーデルショップのソムリエも、ヴェリタスシリーズをおすすめしています。

シリーズ名ヴェリタス
製法マシンメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格4,320円

ヴィノムシリーズ

ヴィノムは長くリーデルのスタンダードだったワイングラスです(現在はヴェリタス)。クリスタルグラス製で飽きの来ない定番のデザイン。ハンドメイドではありませんが、その分コストパフォーマンスに優れ、世界中のプロや愛好家に評価されています。

最近の厚み深みがあるワインに対応すべく開発されたヴィノム・エクストリームや、一回り大きいサイズのヴィノム・エクストララージなど、シリーズ展開が豊富なのもこのヴィノムが売れ筋であることを表しています。

本来せめて1つはソムリエシリーズを所有したいところですが、高価で高品質ゆえに取り扱いに緊張してしまい、普段使いにはなかなか難しい。神の雫作者の亜樹直さんもそうおっしゃっています。そこでこのヴィノムシリーズ。2脚で7,000円〜と手を出しやすい価格になっています。

現在では新しいヴェリタスシリーズのほうが主流で、よりそれぞれのワインに合ったものになっています。

シリーズ名ヴィノム
製法マシンメイド
素材クリスタル
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格3,780円

ワインシリーズ

ワインシリーズは、マシンメイドでクリスタリン使用のワイングラスです。シリーズとしてはカジュアルの部類に入ります。

特長はステムと台座のデザイン。神殿の支柱のような段差がついており、テーブルコーディネート時に映えるようにデザインされています。

ボウル形状はオヴァチュアと同様、適度な丸みを帯びたスタンダードなデザインです。

シリーズ名ワイン
製法マシンメイド
素材クリスタリン
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格2,160円

オヴァチュア

オバチュアは、ワインビギナー用のエントリーモデルとしてリリースされているカジュアルグラスです。分類の仕方もレッドワイン、ホワイトワイン、シャンパーニュといった風に、ワイン初心者にわかりやすく選びやすいよう配慮されています。

エントリーモデルですので、クリスタリングラス製かつマシンメイドですが、グラスの軽さと薄さは健在で、デイリーワイン用としてはまったく問題なく使えます。リーデルのワイングラスが初めてであれば、まずグラスの軽さに驚くと思います。

シリーズ名オヴァチュア
製法マシンメイド
素材クリスタリン
ボウルスタンダード
ステムあり
1脚価格1,620円

リーデル・オー

リーデル・オーは、ワインタンブラーと呼ばれる、ステムがないタイプのワイングラスです。伝統的な価値観をうちやぶる挑戦的なデザインですが、今では広く受け入れられています。

ステム(脚)がないので、直接グラスに触って飲むことになります。こだわりがある方は、手の温度が伝わってワインに悪影響があるなど、気になることもあると思います。しかし、ワインをもっと多くの人に飲んでほしい、そのために手間のかかる取り扱いや、洗浄の不便さをとりのぞこうという、顧客本位の意識は素晴らしいと思います。

ワインだけでなく、他の飲み物でも違和感なく楽しめる汎用性の高さが魅力です。

リーデル・オーの他にもステムなしのシリーズがあり、ボウルが波打った形状をしているスワル、クリスタル製で台座がついているチロルがあります。

シリーズ名リーデル・オー
製法マシンメイド
素材クリスタリン
ボウルスタンダード
ステムなし
1脚価格1,890円

オススメのリーデルワイングラスは?

リーデル社では、もっとも幅広いワインに使えるワイングラスは?という問いに、各シリーズのジンファンデル/リースリング・グラン・クリュ(リースリング/キアンティ・クラッシコ)と回答しています。

白ワインから軽めの赤ワインまで対応幅が広く、おそらく多くの方がワイングラスと聞いて最初にイメージする形をしています。

ではどの価格帯のシリーズから選ぶかですが、普段飲みは1000円程度のワインだとしても、たまにいいワインが手に入ったときのことを考えて、ヴェリタスシリーズ以上をオススメします。2015年ごろまではヴィノムが主流でしたが、今では新しく出たヴェリタスシリーズが後継となっています。さらに薄く軽くなりました。

ヴェリタスシリーズ一覧【リーデル公式ショップ】

もちろん1000円台ワインを飲むときもこのグラスで飲めば味は変わります。

あくまでどれか1本汎用性の高いものを選べと言われた場合におすすめなのがリースリング/ジンファンデルです。本来は、葡萄品種ごとに使い分けるのがリーデル社の考えです。ヴェリタスシリーズには、ボルドーやブルゴーニュ、またニューワールドワイン用もそろっています。よく飲むワインで選びましょう。

プレゼントにリーデルを選ぶなら?

リーデルオリジナルラッピング

プレゼントにリーデルのワイングラスを贈るなら、リーデル公式がすすめるこちらのギフト商品はどうでしょう。

おすすめギフト商品一覧【リーデル公式ショップ】

結婚祝いや引き出物、内祝い、引っ越し祝いなど、シーン毎のおすすめギフトがパックになっています。

結婚祝い、引き出物、結婚内祝いなどにおすすめ

私は以前結婚式の引き出物でオヴァチュアの2脚セットをいただいたことがあります。これは嬉しかった。

最近ではカタログギフトが多かったり、そもそもあまり期待されてなかったりする引き出物ですが、これはなかなかのセンスだと思いましたねえ。披露宴の最中にちらっと見えて、思わず「うおっ!」って声出ましたし(笑

リーデル入門とも言えるワイングラスですし、使い回しがしやすいグラスです。ペアで3000円ほどなのでお手頃ですね。

リーデル公式ショップなら、しっかりした外箱と専用のラッピング(無料)で安心です。

オバチュア【リーデル公式サイト】

退職祝いや昇進祝いなどにおすすめ

退職や昇進祝いには連名で1万円〜5万円程度のものを贈ることが多いので、最高級ハンドメイドシリーズがおすすめです。

ワイン好きの方ならソムリエシリーズは所有している可能性があるので、ブラック・タイスーパーレジェーロがいいかもしれませんね。

特にスーパーレジェーロは2015年以降のシリーズなので、お持ちの方は少ないと思います。定番のソムリエより薄くて軽いワイングラスです。

まあかぶったところでグラスが複数あるのはありがたいんですが。

このクラスになると、購入は公式サイトからにしましょう。偽物が出回っている可能性がありますし、プレゼントであれば直営店オリジナルのラッピングがあるので、ワイン好きにはさらに喜ばれます。

当然のことながら公式サイトには、すべての商品がラインナップされています。↓
ソムリエ
ソムリエブラック・タイ
スーパーレジェーロ

ワインを飲めない方や、お子さん向けにはこんなタンブラーもあります。
おっしゃれですねえ。

リーデル・オー ハッピー・オー(4色入)【リーデル公式サイト】

リーデルワイングラスをどこで買うか

リーデルは、西武や阪急など都市部の百貨店に直営ショップがあります。

ネットで買うならAmazonの方が安いですが、マーケットプレイス商品には偽物が入っているので、高いものはちょっと考えてしまいます。ネットの場合、リーデル公式オンラインショップなら限定のオリジナルラッピングとメッセージカードが無料でつきますので、プレゼント目的の場合はこちらの方がいいですね。

それからバリューパックなど、お得なセットは公式オンラインショップ限定品です。

良いワイングラスで、本当にワインは激変します。リーデルのワイングラスであればハズれることはありませんし、長く楽しめるものですので、少し背伸びしてでも良いものを買ってしまうことをおすすめします。

【リーデル公式サイトはこちら】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

 

ワイン通販セール情報バナー