ツアーも“登美”の試飲も満足!サントリー登美の丘ワイナリーを楽しみ尽くしてきた

シェアする

登美の丘ワイナリーに行ってきた

ずっと行きたかった山梨県のサントリー登美の丘ワイナリーに行ってきました。

ぶどう収穫前の時期で畑は緑一色の美しさ。また天気もよくて景色はほんと最高でした。高級ワインの試飲や、人数制限があるワイナリーツアーにも参加できたので、大満足です!

これからサントリー登美の丘ワイナリーに行こうとお考えの方に、お伝えしたいポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 「登美」など高級ワインの試飲ができる
  • 試飲は無料ではなく“天空のワインバー”というイメージ
  • ワイナリーツアーには絶対参加すべし
  • ツアーは当日先着順受付なので早めに行く
  • 電車組はJR竜王駅からタクシーで約15分(2400円程度)
  • レストラン・バーベキュー場は閉店
  • 全部で2〜3時間みておけばOK
  • 景色サイコー

それでは、これらのポイント詳細をご説明しつつ、大人の休日を満喫してきた「サントリー登美の丘ワイナリー」のレポです!

スポンサーリンク

サントリー登美の丘ワイナリーの基本情報

登美の丘ワイナリーでは、ワインショップでの試飲(有料)のほか、ぶどう畑の見学、歴史やワイン造りの資料展示、地下セラーなどもいけるワイナリーツアーなどが楽しめます。

試飲は有料なので、きちんとグラスに入ってそれなりの量があります。いろいろな銘柄をちょびっとずつ楽しめるバーといった雰囲気。

登美の丘ワイナリーからみた景色

到着するといきなりこんな景色です。晴れた日には、ぶどう畑の向こうに富士山もみえます。景色がほんとに綺麗なので、天空のワインバーという認識で行くと、満足できると思います。

 

名称サントリー登美の丘ワイナリー
住所〒400-0103 山梨県甲斐市大垈(おおぬた)2786(MAP)
電話0551-28-7311(電話受付時間9:30〜16:30)
営業時間9:30~17:00(最終入場 16:30)
定休日火・水曜日 ※8月~11月は水曜日のみ
1月~3月下旬は休業
料金入場無料、ワイナリーツアー・試飲ともに有料
アクセス電車:JR甲府駅からタクシー約30分、JR竜王駅からタクシー約15分
車:中央自動車道双葉スマートインター、または韮崎インターから車で約10分
駐車場乗用車約75台
公式サイトhttps://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/

登美の丘ワイナリー見学ツアー

登美の丘ワイナリーのワイナリーツアー

まず、タイミングが合うならワイナリーツアーには絶対に参加した方がいいです。土日祝のみで1日1回か2回と、わりとシビアですが。私は日曜日の10時40分のに参加。

登美の丘ワイナリーツアー・イベント案内

もちろん、内容が楽しいからが第一の理由なんですが、これ参加できないと、ワインショップで飲むのと、その周辺で景色をみるしかやることがなくてですね……。せっかく来たのだから、細部まで見ていきたいですよね。

ツアーは35人乗りのバスにのって、上の方のぶどう畑までいきます。展望台もあって、ワインショップがあるエリアよりさらに景色がいいです。地下の熟成庫も洞窟のようで、これぞワインセラーといった雰囲気が最高です。

登美の丘ワイナリーワインショップ

ワインショップの奥の方にワイナリーツアー受付カウンターがあります。ワイナリーに着いたら、まずツアー受付にいきましょう。(写真の右奥です)

私が到着したのが10時頃。10時40分からのツアーでしたので、まだ余裕があるようでした。「満席です」と言われている方をみたのは10時30分ごろでしたね。ちなみに7月末の日曜日です。

待ち時間は、受付でもらえるスタンプラリークイズをやって過ごしました。全問正解で豪華賞品(ポストカード笑)もあるし、自然にワインショップ周辺を散策できます。早々とテイスティングしまくるのもOKです。

ワイナリーツアーのビデオ

ツアーでは、最初にちょっとサントリー登美の丘ワイナリーの説明DVDを観てから、外に出てバスに乗ります。

ぶどう畑が一望できる展望台へ

登美の丘ワイナリーツアーバス

バスはかなり立派です。

ワインショップのあるところから、ずんずん山の上に登っていきます。途中のぶどう畑を見ながらガイドさんの説明が入るので、懐かしいバス遠足って感じでとてもいいです。

登美の丘ワイナリーのぶどう畑

ぶどう畑をみながら登るのぼる。

登美の丘ワイナリー展望台からの景色

展望台です。美しいなあ、ほんま。

登美の丘ワイナリーの展望台

この日は台風が去った直後で、雲が多く富士山は見えませんでした。でも、逆にこの雲がほんといい感じで、気持ちが良かったです。

ヴェレゾン前のカベルネ・ソーヴィニヨン

畑の中にも入れます。これは黒ぶどうのカベルネ・ソーヴィニヨン。まだ色づく前ですね。

登美の丘ワイナリーのぶどう畑

ぶどうの樹の上には、雨を防ぐビニールが。大事にされていますねー。手間かかってる。

セラーに眠る樽とワイン

登美の丘ワイナリーのワインセラー

ぶどう畑の次は、ワイン貯蔵庫です。この写真は出口だったんですけどね。入り口撮り忘れた笑

ワインセラーの樽熟庫

樽熟庫。木樽が並ぶさまが圧巻です。

樽での熟成について詳しく説明してくれます。外がめっちゃ暑かったので、ひんやりしたセラー内でのガイドがありがたい。

登美の丘ワイナリーワインセラーの中

そして、こんな洞窟みたいなとこをどんどん入っていきます。写真は補正後で、実際はもっと薄暗いです。お子さんたちは、はしゃいでいました。そりゃーこんな秘密基地みたいなとこ、テンション上がりますよね笑

登美の丘ワイナリーワインセラーの中

左右ずーっとワインが続きます。カビ臭さはほとんどないです。

ヴィンテージワインの部屋

ヴィンテージワインの部屋。1970年代からのワインもあります。

熟成庫を出たあとは、再びバスに乗ってワイナリーショップまで戻ります。ここまでで1時間ほどでしょうか。

登美の丘ワイナリーツアーのテイスティングワイン

さて、ワインショップについたらテイスティングです。ワインはツアー料金に含まれます。この3本が出てきました。ドライバーさんやお子さんにはぶどうジュースがあります。

テイスティングワインの料金表

やっぱり値段どおりブラック・クイーン&マスカット・ベーリーAがおいしかったかな。

ワイナリーツアーのビデオ

ここでも、スライドを観ながらワインの詳しい説明が。品種の特徴から、合わせる料理まで、けっこう役に立つ情報を教えてくれます。

これで登美の丘ツアー80分の全行程終了。楽しかったです!

ワインショップでテイスティング

登美の丘ワイナリーワインテイスティングコーナー

ワインショップ内にはテイスティングカウンターがあり、いろんなワインを少しずつ飲むことができます。

登美の丘ワイナリーワインテイスティング

有料ですが、ちゃんとワイングラスにそこそこの量(30ml)を注いでもらえます。おつまみも買えるので、ワインバーと考えた方がいいですかね。

最初に飲むのはこれ。

登美・白

“登美・白”でございますよ。ボトル1本いちまんえん。やっぱ旨いですなー。林檎やパイナップル、さらに邪魔しない程度に樽がきいていて、しっかり高級ワインのお味です。

登美・赤

続いて“登美・赤”も。これですでに2200円ですが、いいんですよ。ボトルで買ったら10倍ですから。

はー幸せだーと思いながら、次々飲みます。

登美の丘ワイナリーテイスティング3種セット

テイスティング3種セット。

登美の丘・白

こちらは“登美の丘・甲州”。テイスティングは400円。柑橘とハーブの香りがきます。

味はちょっと淡いかな。うん、まあ先にフラッグシップの“登美・白”を飲んじゃいましたからねw

まい泉のポークジャーキー

おつまみは、まい泉のポークジャーキー。これやたら旨かったですね。

そしてそして。

登美・ノーブルドール

登美・ノーブルドール。伊勢志摩サミットでも各国首脳陣に振る舞われた、最高級貴腐ワインです。お値段5万円。

テイスティングでも1杯2000円なのですが、これ飲めてよかった。

ソーテルヌなどと比べると、濃厚さは控えめですが、しっかり貴腐ワインしています。ハチミツよりメープルシロップのイメージ。

マツコの知らない世界でも、神の雫原作者がおすすめしていました。

2018年6月12日放送の「マツコの知らない世界」に神の雫原作者の亜樹直氏が登場し、「日本が誇る究極の7杯」として、おすすめ日本ワイ...

テイスティングの提供がない時もあると聞いたので、あってよかったです。

他にもいくつか飲んで、昼前だというのにけっこうヘロヘロになりました笑

登美の丘ワイナリーのワインショップ

気に入ったワインがあれば、そのまま購入できます。さすが品揃え、在庫数は抜群です。

レストラン・バーベキューはすでに閉店

登美の丘ワイナリーのレストラン

登美の丘ワイナリーには、“ワインテラス”というレストランがありましたが、すでに閉店しています。ワインに合うランチセットや、広いテラスでのバーベキューなどが楽しめたそうですが。この写真の建物の上にありました。

ワイナリー自体も火曜・水曜は休みにしていますし、レストランの運営は効率が悪くて継続しにくいんでしょうかね。

食事処がなく、さらに飲食物の持ち込み禁止というのが、登美の丘ワイナリーでちょっとネックになるところです(お水は無料のウォーターサーバーあり)。

試飲と合わせて楽しめるジャーキーやクラッカーなどは、ワインショップにあるのですが、まあおつまみですしね。

せっかく眺めが最高で気持ちいいテラスがあるので、弁当持参のピクニック的な使い方を解放してもよさそうなのになーと思いました。

登美の丘ワイナリーへのアクセス(電車・車・バス)

竜王駅から登美の丘ワイナリーまでのマップ

登美の丘ワイナリーへの行き方です。地図を見ると、JR竜王駅が最寄り駅となっています。東京側からみて、JR甲府駅のちょっと向こうですね。(Googleマップで見る)

新宿からJR特急「あずさ」か「かいじ」で甲府駅まで90分、乗り換えて一駅で竜王駅です。特急は全席指定。区間によっては早割もあるので、日程が決まったらさっさと押さえた方がいいです。JR東日本えきねっと

ちなみに登美の丘ワイナリーのサイトには、甲府駅からタクシーで30分、竜王駅から15分と併記してあるので、もしかして竜王駅にはタクシーがあまり停まらないの?と思ってしまいました。

JR竜王駅のタクシー乗り場

こちらがJR竜王駅のタクシー乗り場です。ちゃんとあるのでご安心を。ちなみに竜王駅の建物は安藤忠雄氏の設計だそうで、見応えがあります。

竜王駅から登美の丘ワイナリーまでの料金は片道2400円ほどでした。甲府駅からだと5000円弱かかるそうです。帰りもタクシーを電話で呼んだのですが、朝と同じ運転手さんが来ました。台数は少ないかもですね。

韮崎インター、双葉スマートインターから登美の丘ワイナリーへのマップ

車の場合は、中央自動車道双葉スマートインターか、韮崎インターより車で約10分です。登美の丘ワイナリーの駐車場は75台分あるので、余裕だと思います。→0551-28-7311(カーナビ用)

登美の丘ワイナリーの駐車場

バスはないの?と思って調べたんですが、ちらほら「快速・甲府駅南口〜サントリー登美の丘ワイナリー線」の口コミはあるものの、時刻表が出てこない。甲府駅から出る土日祝限定のバスがあるようです。ただ、山梨交通のサイトに情報が載っていないので、なくなったのかもしれません。

山梨交通公式サイト

まあ路線バスが存在していたとしても、ワイナリーツアーの時間を考えると、調整が難しいと思います。ツアーは予約できず、当日の先着順ですし。素直にタクシーをおすすめします。

近隣のワイナリーは?

甲府市と甲斐市のワイナリーマップ

山梨県で最も有名なワイン生産地は勝沼で、サントリー登美の丘ワイナリーは、勝沼エリアからは離れた甲斐・甲府エリアにあります。

今回は東京から日帰りで行ったのですが、ワイナリー見学に丸一日は必要ないと思ったので、同じ日にいけるワイナリーはないかな?と探しました。

マップ左から順番です。この4箇所のワイナリーがわりと近くにあります。サントリー登美の丘ワイナリーと組み合わせしやすそうな場所から選びました。シャトレーゼとサドヤは駅から徒歩5分で行けるので便利です。

いずれもワイナリーツアーや工場見学を行っていますので、ワイナリー巡りのご参考に。

私は日帰りで、サントリー登美の丘ワイナリーのほかサドヤワイナリーにも行きました。こちらもまた書きます。

勝沼エリアのワイナリー巡りはこちらの記事に書きました。

3月に勝沼でひとりワインツアーをしてきました。予約も何もなしでふらりと出かけましたが、(だいたい)問題なく楽しめました。詳しくはこの...

登美の丘ワイナリー近隣の宿泊施設

登美の丘ワイナリー近辺で宿泊するなら、石和温泉でしょうか。昼間ワイナリー見学しつつ飲んで、夜は温泉に浸かってまた飲むとか最高ですね。

石和温泉郷は、JR竜王駅からは東へ3つめの駅になります。温泉旅館が多くあります。

石和温泉の温泉旅館・ホテル一覧

ビジネスホテルや格安ホテルを探すならJR甲府駅周辺にあります。

甲府駅周辺のホテル・旅館一覧

登美の丘ワイナリーは楽しい

登美の丘ワイナリーのぶどう畑

一人でも、誰かと行っても。また家族連れでも、サントリー登美の丘ワイナリーは楽しめます。

冒頭で言ったとおり、ワイナリーツアーに参加するのがベター。一応、ツアーに参加しなくても、ワインショップ目の前にあるぶどう畑の見学や、資料館の見学はできます。

テイスティングに関しては、プラカップの無料試飲でガンガン飲みたいんじゃーいって方には合いませんが、私は有料試飲のシステムは好きです。気を遣わないでいろんな種類飲めるし。

何より景色は本当に素晴らしいので、これだけでも来てよかったと思えます。ぜひ贅沢な休日を〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

 

ワイン通販セール情報バナー