ワイン初心者におすすめ!ざっくり覚える葡萄品種とテイスティングコメント

le-nez-du-vin

ワイン会とまでいかなくても、上司や取引先に高級ワインを飲ませてもらったり、友人との集まりで誰かが良いワインを持ってきていたとき、ワインのことを何も知らないとあまり反応できませんよね。

また、ワインが美味しいと感じても「美味しい」「飲みやすい」としか言えないのは、ちょっと申し訳ない気もします。本格的なテイスティングコメントはできなくても、いいワインを飲ませてもらう側としては、気の利いたコメントの一つも言いたいものです。

そこで今回は、ワインの知識がなくても覚えられるざっくりした分類と、それっぽい感じに聞こえるテイスティングコメントをご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

ワインのテイスティングコメントの意味

shinjin新人:大学院を卒業し昨年入社した27歳。ちょっと遅咲きまだまだ新人くん。元気いっぱい社内外を駆け回る日々。酒はなんでも飲むが、ワインは適当に出されたヤツを飲むだけ。
senpai先輩:入社10年目。仕事はそつなくこなす32歳。自宅ワインセラーには常に数十本のワインストック。週2回以上ワインバーに通っているが、そこでは一人で飲みたいので誰にも内緒。

新人)先輩!取引先の社長に、今日何人かでワイン飲みにいくから一緒にどう?って誘われちゃいました。

先輩)ああ、あそこの社長ワイン好きで有名だからな。いいもの飲ませてもらえるぞ。気に入られてよかったじゃないか。

新人)そうですけど、僕ワインあんまり飲まないので、善し悪しとかまったくわからないんですよ。他の取引先からも人は来るので気軽に参加していいよと言われてますが、ワインの話なんてできません。

先輩)社長はいかにも元気だけの若造(27)って感じのお前とワイン談義なんかできると思ってないだろ。素直にうまいと思ったものをうまいといえばそれでいいんだよ。

新人)元気だけの若造(27)・・・。そうですけど、高いワイン飲ませてもらっといて、薄っぺらな感想しか言えないんじゃカッコつかないっすよ。

先輩)お前くらいの年になっても、ワインを飲んで「美味しい」と「飲みやすい」しか言えないのは結構いるが、まあ確かにカッコ悪いな。

新人)でしょう?先輩はワイン通ですよね?なんかすぐに使えるワインのうんちく教えてくださいよ。素人でも恥かかないやつ。

先輩)俺はワイン通じゃなくてただワインが好きなだけだ。それよりお前、この時点で決定的に間違ってるぞ。

新人)え?何がですか?

先輩)ワイン好きが、それほどワイン飲まないやつにワインを飲ませるのは、本当にうまいワインを飲んでほしいからだよ。飲ませた相手からワインのうんちくなんか聞きたいわけないだろう。

新人)そ、それはそうかも。でも何を飲んでもうまいって言うだけじゃあ、そこで話終わっちゃいますよ。つまんないやつって思われたら、次から誘ってもらえないかも。

先輩)まあ確かにな。お前が少しはワインがわかるやつと思われたら、今後のつきあいに有利だな。しかし、ワインのうんちくを語ってはいけないことはかわらない。大事なのは味の感想だ。聞きかじった知識で産地や造り手のことを話すのはやめとけ。そんなのはもっとワイン飲み慣れて気心が知れている者同士でやるもんだ。

新人)なるほど。でもワインの感想って、絵画とかクラシックに例えたり、森の蝶を追いかけて恋人たちを覗きに行ったり、さらにワインの中に宇宙に浮かぶ仏像を見て「お・・、おぉ・・・」とか言ったり、ペガサスに乗ってヒャッハーしないといけないんですよね?

先輩)なんでそんなこと知っとんねん。ワインまったく知らんのとちゃうんかい。設定がおかしくなるやんけ。

新人)なぜに関西弁。

先輩)あー、ところでお前は味覚おんちじゃなかったよな?

新人)あ、はい。それは大丈夫です。ワインをあまり飲まないだけで、食べ物には結構うるさいですよ僕。鼻もききますし。

先輩)なら大丈夫だな。今までに飲んだワインで印象に残っている味はあるか?

新人)うーん、たいていは渋いと思うことが多いですね。あとはやたら甘かったり酸っぱかったりですかね。あ、でも一度白ワインで南国系のフルーツみたいな香りがしたことがありました。

先輩)おー、上等上等。あとはその感じた味をワイン用の表現、つまりテイスティングコメントに置き換えてやればOKだ。よし、もう時間がないからとりあえず今日を乗り切れる表現だけいくぞ。

新人)やった!ありがとうございます!

味覚を共有するために表現する

children-share
Photo by:Sharing Flavored, Colored Ice / clappstar

ワインはやたらとかしこまったイメージが先行してしまい、知識がなければ飲んではいけない雰囲気すらあります。味の感想ですらも「間違っているんじゃないか」と恐れている人もいるほど。

たとえばラーメンなら、同じものを食べて濃いと感じる人も薄いと感じる人もいるでしょうし、お互いそれを責めたり気後れしたりすることはないでしょう。味覚なんて人それぞれなんですから、本来どう言おうとかまいません。

ワインも基本はそれでいいし、本当のワイン好きの中ではやたらうんちくを語ったり、他の人の感想にケチをつけたりする人は嫌われます。

ただ、ワインはその歴史の中で、色や味わいを共有するためにほんとうに様々な表現を生み出してきました。このワインの美味しさ、素晴らしさをなんとか伝えたいと先人たちが知恵をしぼって考えてきたもので、それはもう文化とよべるまでになっています。

ワインを飲むときは、そんな先人たちやワイン文化に敬意を払うという意味でも、「美味しい」「飲みやすい」よりもう少し踏み込んだ感想として、テイスティングコメントができるともっとワインが好きになると思います。

シャンパーニュのテイスティングコメント

senpaiまずはシャンパーニュからだ。ちなみにシャンパンでもいいが、シャンパーニュって言った方がちょっとそれっぽい。
shinjinうちの部長はシャンペンって言いますよね。
senpaiそれはバブルの名残だ。そっとしておいてやれ。

先輩)さて、今日飲みにいってまず間違いなく最初に出てくるのはシャンパーニュだ。他のスパークリングワインの可能性もあるが、あの社長ならまあシャンパーニュだろう。

新人)シャンパーニュとスパークリングワインは違うんですか?

先輩)シャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインがシャンパーニュだな。

新人)スパークリングワイン科シャンパーニュ属みたいな感じっすね。

先輩)まあそうだな。ちなみにシャンパーニュ地方で造られていても、製法が違えばシャンパーニュと名乗れない。それで、さっき味の感想が大事と言ったが、シャンパーニュの場合はまず泡を褒める。

新人)泡ですか。

先輩)そう。シャンパーニュは通常フルートグラスという細長いグラスに注がれる。グラスに細長い泡がいつまでも立ち昇っているのが美しいとされる。

新人)泡が立ってますね〜と言えばいいですか?

先輩)いくつかあるが、「泡が細い」「泡が元気」「ゆっくり出ている」あたりがいいかな。しばらく経ってからまだ泡が出ていたら「いつまでも泡が出ている」と言えば、最高の褒め言葉になる。ポイントはグラスの中で細長く立ち昇る泡だ。

新人)なるほどなるほど。泡が立ち昇ってなかったらどうします?

先輩)あの社長ならしっかりした良いシャンパーニュだろうし、今回はそんなことはないと思うが、もし泡がなかったら無理にコメントせず黙ってろ。次に、飲んだあとの味の感想だが、酸味やコク、ナッツや柑橘系の香りなど、表現にはいろいろある。だが微細な違いはプロでもほとんどわからない。

新人)そうなんですか?よかった。僕はキリッとしてるくらいしか言えないですよ。

先輩)ああ、それも大事な要素だよ。「酸味」「ミネラル」で表現したりする。加えるなら、香りがいいと思ったら「花」「青リンゴ」「柑橘系」のような香りと言っておけばだいたい合ってる。ドン・ペリニヨンのような高級シャンパーニュなら焦げたような香りがするから、それは「トースト」と言え。感じたままだから、それくらいはかぎ分けられるな?

新人)大丈夫です!フルーツかトーストの香りという感じですね。

先輩)あくまで今日だけ乗り切るための簡単分類だけどな。次に味だが、甘味があるなら素直に「優しい甘味ですね」。辛口だと思ったら「キレのいい酸味」とか「ミネラルを感じる」でいい。とんがった特徴がなかったら「バランスがいい」と言っておけ。

新人)わかりました!

シャンパーニュはやっぱり泡がポイント

riedel-champagne
Photo by:shop.riedel.co.jp

ワイングラスから立ち昇るシャンパーニュの泡は、とても美しく、ワインテイスティングにおいて大切な要素です。リーデル社のフルートグラスではグラスの底にわざと小さな傷をつけ、そこから泡が立ち昇るようにしてあります。ちょっとしたうんちくです。

リーデルのワイングラスはやっぱりいい!でもどう選ぶ?

シャンパーニュは辛口甘口の分類として、エクストラ・ブリュットからドゥまで6段階あります。ドゥはあまり飲む機会がないと思いますので、ブリュット=辛口、セック=甘口とだけ覚えておけば大丈夫です。ブリュットの方が生産量も人気も高いですが、私は味の特徴がよくでる(と思っています)セックも好きです。

白ワインのテイスティングコメント

shinjinそういえば白ワインって、誰でもわかる高級ワインってないですよね。ドンペリとかロマコンみたいな。
senpaiドン・ペリニヨンとロマネ・コンティ。ちゃんと言え。高級白ワインで有名なのは、モンラッシェとかシャトー・ディケムかな。でも確かにそこまで一般に浸透しているのはないな。
shinjinやっぱり聞いてもピンときませんねえ。今日モンラッシェが出てきたらあとで言いますね!
senpaiくっ・・・。(うらやましい)

先輩)次に白ワインだ。白ワインは大きくわけて「酸味のあるスッキリ系」「コクのあるこってり系」がある。

新人)天一のこってりとあっさりみたいですね。こっさりはないんですか?

先輩)こってりはたいがい酸味が少ないんだが、酸味があってこってりというのもあるにはある。他に甘味も重要な分類の要素だが、とりあえず今は酸味かコクかだけで分ける。

新人)わかりました。コクってどんなんですか?白ワインにコクなんて感じたことないですけど。

先輩)安い白ワインだとコクがあるものはまずないからな。コクのある白ワインは、色がイエローとか黄金色になる。つまり色が濃い。バターとかナッツとかそんな感じの香りがある。飲んでみてコクが分からないってことはまずないだろう。

新人)じゃあ飲んでみてスッキリ系かコク系かをまず見極めると。それぞれのコメントはどうなりますか?

先輩)そのまんま「引き締まった酸味ですね(スッキリ系)」とか「コクがありますね(コク系)」でいい。香りはどちらも同じで「花」「りんご」「柑橘」「バニラ」のどれかだ。バニラ以外はシャンパーニュと同じだな。

新人)へえ、バニラですか。入っているわけじゃないですよね?

先輩)ああ。バニラはオーク樽で熟成するときにつく香りだ。「樽香」と表現してもいい。シャンパーニュにもあるんだが、白ワインの方が感じやすいと思う。嗅ぎとったら使ってみな。

新人)わかりました。「バニラの香りがする」ですね。「ヴァニラ」って言わなくていいですか?

先輩)どっちでもいいわ……。それから白ワインにはその後の話題につながる最強の言葉がある。

新人)なんですかそれは。

先輩)「シャルドネ?」とひとこと言う。シャルドネはぶどう品種だ。

新人)シャルドネ。

先輩)シャルドネは世界中で生産可能な品種で、高級白ワインでは突出してこの品種が使われている。それにシャルドネは実に変幻自在で、産地や造り手によって、同じぶどう品種から造ったワインと思えないほど多様な味のバリエーションがある。つまり味がわからなくても当たる確率が高いし、ハズれても恥ずかしくない。

新人)なるほど。

先輩)シャルドネで合っているなら、そのまま味の特徴の話になるし、違っていたなら「確かにこういう部分が似ているよね」みたいなフォローが入る。今日は社長の他にもワインに詳しい人がいるはずだからな。いずれにせよ、話題のふり方としては便利だ。

新人)おおー、あとの会話は詳しい方にまかせる感じですね。

先輩)そうだな。シャルドネの特徴を自分が知っていればセルフフォローもできるが、今日はテーマが違うので省く。あと気をつけるのは、甘味のある白ワインが出てきたらシャルドネ話法は使うな。シャルドネは基本的に辛口だし、甘口白ワインはリースリング種である可能性が高い。

新人)はい。甘味があったらリースリングですね。

先輩)たいがいそれで合っているはずだ。甘味の強弱によって「爽やかな甘味」「ハチミツのような甘さ」の表現でOKだ。

高級白ワインはたいていシャルドネ

chardonnay

高級白ワインによく使われるシャルドネは、それ自体はあまり個性がないと言われている葡萄です。テロワール(産地の土壌や天候、風土)によって変わったり、樽などの仕込み方や熟成具合によってさまざまに変化します。

私はバターやナッツの香りがするコク系白ワインが好きなのですが、これはシャルドネの特性ではなく、木樽を使って熟成したためにできた味だと知ったときは驚きました。ステンレス樽だと違う味わいになります。

赤ワインのテイスティングコメント

shinjin居酒屋ではよく冷えた赤ワインが出てくるんですけど、冷やしちゃダメですよね。赤は常温が常識ですよねえ。(ドヤッ)
senpaiいやそうとは限らん。日本の室温はヨーロッパの16度前後よりも高いから、常温の概念が違う。それに居酒屋の安ワインは、渋みが少なくてやたら甘いワインが多いから、むしろ冷えている方が甘味が締まっていい。俺は飲まんけど。
shinjinまさかの居酒屋擁護。からの全否定。

先輩)さて問題は赤ワインだ。

新人)ワインと言えば赤ワインですよね。やっぱりテイスティングコメントも難しいんですか?

先輩)そうだな。多種多様すぎて「これだけ覚えたらいい」というのが絞り込めない。

新人)えー、どうしましょう。

先輩)ヤマをはる。かなり強引だが赤ワインをバッサリ2パターンにわける。ボルドー系ブルゴーニュ系だけ今日は覚えろ。

新人)ボルドーとブルゴーニュ。フランスワインですよね?

先輩)そうだ。ボルドーは濃くて重くて力強い。ブルゴーニュは繊細でエレガント。この2系統は世界中で造られていて、それらはすべてフランスのボルドーワインとブルゴーニュワインを目指して造っていると言ってもいい。

新人)赤ワインの原点かつ頂点って感じですね。

先輩)そうだな。ボルドー系とブルゴーニュ系の見分け方はボトルの形状だ。ボルドーはいかり肩、ブルゴーニュはなで肩の形をしている。フランス以外のワインでもこの形式にならっているから見分けはつく。

新人)わかりました。どちらもよく見かけるボトルですし簡単ですね。

先輩)次に味の特徴や香りの表現だが、たくさんありすぎて覚えられない。だが、逆に感じたとおりに何を言ってもわりと大丈夫ということでもある。カシス、ラズベリー、チョコレート、バラ、すみれ、コーヒー、バニラ、ジャムといった良い感じの香りや味の表現のほか、ピーマン、アスパラ、革、獣、石、えんぴつ、腐葉土、猫のおしっことか、それギャグで言ってんの?みたいなテイスティング用語もある、

新人)あんまり味わいたくない感じですね・・・。

先輩)ちょっとうんちくっぽくなってきたから元に戻す。さっきのは忘れてくれ。どうせこんなニュアンスなんていきなり感じ取れないし。とりあえず今日覚えられそうな表現だけいくぞ。

新人)はいお願いします。

先輩)まずはボルドー系。渋いと感じたら「力強いタンニン」、濃いと思ったら「凝縮感がある」、よくわからんけどうまいと思ったら「すごく複雑ですね」だ。これらを組み合わせて使えばたいがいいける。香りはわかりにくかったら無理をするな。ベリー系かチョコあたりなら分かりやすいので、これらを感じたら言ってもいいと思う。

新人)なるほど。渋みはタンニンなんですね。濃くてうまいなら「凝縮感があっておいしい」と言えばいいのか。

先輩)そう言いかえるだけでそれっぽくなる。あと「複雑」というのはワインにとって最高の褒め言葉だと思っていい。逆に「シンプルでうまいですね」とか言うなよ。安ワインだと言っているに等しい。

新人)うわあ聞いといてよかった。「シンプルにうまいです」って言ってしまいそう。

先輩)では次にブルゴーニュ系。ブルゴーニュは香りが強く感じられるはずだから、嗅ぎとったとおりに言っても大丈夫。イチゴやチェリー、ジャムなどはなじみがあって分かりやすいな。間違っても「葡萄の香り」とか言うなよ。葡萄酒なんだから当たり前だ。飲んでみてフルーティだと思ったら「果実味がある」、舌触りがよかったら「シルキー」だ。ボルドーと同じように「凝縮感」「複雑」も使える。

新人)「果実味」と「シルキー」が語感も良さそうですね。「複雑」は便利ですねえ。

先輩)ワインを飲んでみて、美味いが表現の仕方がわからなかったら、「何と言えばいいんだろう、すごく複雑ですね」と言っておけ。そうすれば、詳しい人が後を引き取って、味を分解して説明してくれるだろう。

新人)もう「複雑ですね」だけでいいような気がしてきた。

先輩)乱用すると「コイツほんとにわかってるのかな」と思われるから注意な。

新人)わかりました!切り札にとっておきます。あっ、そろそろ時間だ。行かないと。

先輩)あくまでとりあえず乗り切るためのものだから、今日のワイン会が終わってワインに興味が出てきたら、ワイン本を1冊買って読むといい。ワインのうんちくを語ってはいけないが、知識があるとワインがもっと美味くなる。

新人)はい。ありがとうございます。なんだか早くワインが飲みたくなってきました!

赤ワインは種類が豊富

赤ワインはボルドーとブルゴーニュ、つまり葡萄品種でいうとカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー、ピノ・ノワールの他に、グルナッシュ、シラー、サンジョヴェーゼなど、甘かったりスパイシーだったり酸味が強かったりと、味の傾向が違うものがあります。しかもそれぞれがメジャー級です。

ブドウ品種の傾向と自分の好みをつかむには、単一品種で造られた赤ワインを飲んでみるのが一番。ただボルドーはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを中心にブレンドされているため、ブドウ品種ごとの味を覚えるには適さない。ブルゴーニュの赤ワインはピノ・ノワールだけで造られていますが、値段が結構高い。そこでおすすめはチリワインです。コノスルがヴァラエタルシリーズという1本800円程度のワインを造っており、メジャーなブドウ品種はそろっています。

コノスル ヴァラエタル シリーズ

ワイン好きの優しい世界

Red heart on a book

ワインは好きなものを気軽に飲めばいいのですが、知識を得るとさらに美味しく飲めます。一緒にワインを飲む仲間ともさらに楽しめるようになります。ただ、テイスティングコメントに代表されるワイン文化そのものが、ある程度の知識を要求されるため、ワインの敷居を高くしていることも事実です。

ソムリエやワインエキスパートの方々は、そのあたり心得たもので、むやみにワインの敷居をあげないよう、それとなく優しく教えフォローされています。ワインを少し覚えたときに、初心者に否定的な言葉を投げたり、マニアの世界を作って排他的になるのではなく、「ワインの世界へようこそ」という気持ちで一緒に楽しめる環が次々に生まれたらいいなと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

レスポンシブ広告アドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です