第21巻:神の雫ワインリスト

フランス編完結。対決に向けたワインを探すなかで、成り行きで結婚式に出すワインを選定することに。候補のワインを見つけ、日本に帰って河原毛部長とともにコンペ。
ほか、水泳部の汐見の話、雫とみやびのケンカの話、雫の昔の同級生である証券マンの狭川の話が続く。
シャトー・ベレール・ラ・ロワイエール、レイニャック、シャトー・レイノン、シャトー・ル・ピュイ、ムトンヌなどがストーリーに関わる。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

神の雫第21巻 登場ワイン

シャトー・ムーラン・オー・ラロック 2006

ワイン名:シャトー・ムーラン・オー・ラロック
ワイン種:赤ワイン
生産者:ジャン・ノエル・エルヴェ
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:ボルドー右岸を訪れた雫たちに、河原毛部長の元部下の本木が飲ませたワイン。このワインには豊かでナチュラルな土の香りと、地に深く根を張った古木だけが表現できる優しさがある。まるで自然の営みに身を任せるように悠然と回り続ける風車小屋のような佇まいのワイン。鴨料理によく合う。

シャトー・ラ・フルール・ド・ゲィ 2006

ワイン名:シャトー・ラ・フルール・ド・ゲィ
ワイン種:赤ワイン
生産者:シャトー・ラ・クロワド・ゲイ
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:雫たちが訪れたシャト・ラ・クロワ・ド・ゲイで開けてもらったスペシャル・キュヴェ。とてつもないレベルのワイン。重厚でバッハのオルガン協奏曲を思い浮かべるワイン。

シャトー・クロワ・ド・ゲィ 2006

ワイン名:シャトー・クロワ・ド・ゲィ
ワイン種:赤ワイン
生産者:シャトー・ラ・クロワド・ゲイ
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:雫たちが訪れたシャト・ラ・クロワ・ド・ゲイで開けてもらったワイン。軽やかでそれでいてクラシカルな響きがあるワイン。

シャトー・ベレール・ラ・ロワイエール 2007

ワイン名:シャトー・ベレール・ラ・ロワイエール・ブラン
ワイン種:赤ワイン
生産者: 
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:コート・ド・ブライで立ち寄ったシャトーで飲ませてもらったワイン。このワインは清楚で透明で無垢な優しさに満ちている。まるで小さな教会のヴァージンロードを歩く花嫁を、憧れの眼差しで見つめる少女のようなワイン。

レイニャック・キュヴェ・スペシャル 2001

ワイン名:レイニャック・キュヴェ・スペシャル
ワイン種:赤ワイン
生産者:シャトー・ド・レイニャック
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:シャトー・ド・レイニャックのオーナー、イヴ・ヴァテロに飲ませてもらったワイン。このワインはタキシードを着ている。小さな教会の祭壇の前で、優しく微笑みながら彼は待っている。もうすぐ自分のもとへやってくるはずの花嫁を。そんなワイン。シャトー・マルゴーのテロワールとよく似ている葡萄畑から造られ、高級なグランヴァンに匹敵する評価を得ている。

シャトー・レイノン・ソーヴィニヨン・ブラン 2007

ワイン名:シャトー・レイノン・ソーヴィニヨン・ブラン
ワイン種:白ワイン
生産者: 
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:対決の場でレストラン事業部の中原部長が出した白ワイン。適度にバランスのとれた酸。嫌味のない樽香。あたかも草原を駆け抜ける白馬のような爽快感のあるワイン。

コノ・スル・カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルバ 2007

ワイン名:コノ・スル・カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァ
ワイン種:赤ワイン
生産者:コノ・スル
生産国:チリ
登場シーン:対決の場でレストラン事業部の中原部長が出した赤ワイン。100%手摘みで収穫し、フランス産のオーク樽で熟成させたチリ産カベルネ種のワイン。ここまでの完成度でしかも千円台前半で買えるのは驚異的なコストパフォーマンスというほかないワイン。

キンタ・ド・カルモ・レゼルヴァ 2005

ワイン名:キンタ・ド・カルモ・レゼルヴァ
ワイン種:赤ワイン
生産者:キンタ・ド・カルモ
生産国:ポルトガル
登場シーン:対決の場でレストラン事業部の中原部長が出した赤ワイン。店頭価格5千円前後で「ラフィット」の造ったワインを飲んでいるという高揚感を得られる、隠れたブランドワイン。マリー・アントワネットが愛した小さな宮殿、プティ・トリアノン。その箱庭のような世界観を持つ、イギリス式庭園そのもののワイン。

シャトー・ル・ピュイ 2003

ワイン名:シャトー・ル・ピュイ
ワイン種:赤ワイン
生産者:シャトー・ル・ピュイ
生産国:フランス ボルドー
登場シーン:対決の場で河原毛部長が出した赤ワイン。400年無添加無農薬自然派ワインを造り続けてきたシャトー・ル・ピュイのワイン。このワインはひと言で表現するならばクロニクル(年代記)。人と天の恵みが大地に刻みつけた静かなる年代記のようなワイン。ドラマ版神の雫では神の雫ワインとして最後に登場した。

シャブリ・グラン・クリュ・ラ・ムトンヌ 2005

ワイン名:シャブリ・グラン・クリュ・ラ・ムトンヌ
ワイン種:白ワイン
生産者:ドメーヌ・ロン・デパキ
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:悩んでいた水泳部の汐見に藤枝が飲ませたワイン。シャブリのロマネ・コンティとも呼ばれている。魚介料理と合わせると人魚姫になるワイン。

テルマンシア 2002

ワイン名:テルマンシア
ワイン種:赤ワイン
生産者:ヌマンシア
生産国:スペイン
登場シーン:雫とみやびのケンカのきっかけになったマッチョワイン。開かせると素晴らしいワインに変わる。バニラの甘い香り。クチナシの花の咲く小高い丘。とてもスパイシーで幾種類ものハーブ。黒い果実を噛みしめるようなジャムっぽさもあるワイン。雪解けの後のいっせいに青葉の芽吹いた大地のようなワイン。

フロッグス・リープ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレー 1999

ワイン名:フロッグス・リープ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレー
ワイン種:赤ワイン
生産者:フロッグス・リープ
生産国:アメリカ・カリフォルニア
登場シーン:雫の同窓会で仕事を手放さない挟川に、ロベールが飲ませたワイン。学生時代にふと選んだアルバイトでワインに魅せられた若者が、カリフォルニアの有名ワイナリー「スタッグス・リープ」で修行した後、愛車のバイクを売り払った金をつぎ込んで手に入れた蛙の養殖場を、長い時間かけて葡萄畑に育て上げ、収穫した葡萄から造り始めたというワイン。生産者のジョン・ウィリアムズがこのワインに込めた想いは「楽しいときは時間を忘れる」

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

レスポンシブ広告アドセンス