第17巻:神の雫ワインリスト

続・第五の使徒編。槍ヶ岳のワインを見つけた後、雫はスイスマッターホルンへ。同じく一青も向かう。
ワインバーのオーナー兼ガイドのアンディとマッターホルンに登る雫。一方一青は途中でガイドからも見放され、単独で登る。この差が勝敗に響く。
ムルソー、イゲルエラ、フィーヌ・ド・ブルゴーニュなどが登場。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

神の雫第17巻 登場ワイン

ムルソー・レ・ナルヴォー

ワイン名:ムルソー・レ・ナルヴォー
ワイン種:白ワイン
生産者:マルク・コラン
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:登山写真家の岡崎の自宅セラーのワイン。厳しい冬の衣に包まれた尾瀬の雄大な光景。優雅だけど容易には人を寄せつけない自然の姿のようなワイン。

サン・トーバン・1er・Cru・ラ・シャトニエール 2005

ワイン名:サン・トーバン・1er・Cru・ラ・シャトニエール
ワイン種:白ワイン
生産者:マルク・コラン
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:雫質が清香と岡崎の母と飲んだ槍ヶ岳のようなワイン。

フォラン・アルベレ・ロマネ・サンヴィヴァン 1999

ワイン名:ロマネ・サンヴィヴァン
ワイン種:赤ワイン
生産者:フォラン・アルベレ
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:清香が雫たちに出したワイン。世界で一番大きな薔薇。夕陽を浴びて真っ赤に燃え上がる「モンテ・ローザ」そのもの。果実味とスケール感と華やかな薔薇の香りと硬質なミネラルが包み込むワイン。

ルロワ・ロマネ・サンヴィヴァン

ワイン名:ロマネ・サンヴィヴァン
ワイン種:赤ワイン
生産者:ルロワ
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:軽井沢の別荘で雫が飲んだワイン。

イゲルエラ 2005

ワイン名:イゲルエラ
ワイン種:赤ワイン
生産者: 
生産国:スペイン アルマンサ
登場シーン:雫がスイス行きの飛行機で飲んだ機内サービスワイン。雫と一青が同じコメントを残す。ひと言で言ってスパイシー。同じグルナッシュ系の「ヌフ」のような凝縮感はなくて軽やかなんだけど、それでいて果実味は豊かでジューシー。そして何よりナツメグのような独特な陽性のスパイシーさが満ちあふれてる。喩えて言うなら極彩色のトーテムポールのようなワイン。

ファンダン・デュ・ヴァレー 2006

ワイン名:ファンダン・デュ・ヴァレー
ワイン種:白ワイン
生産者: 
生産国:スイス
登場シーン:雫がスイスの列車で飲んだスイスワイン。辛口の微発泡でグレープフルーツの皮の香り。それにともかくミネラルが凄いワイン。

リッポン・リースリング 2006

ワイン名:リッポン・リースリング
ワイン種:白ワイン
生産者:リッポン
生産国:ニュージーランド
登場シーン:登山ガイドのアンディが雫を試すために飲ませたワイン。広大な草原。冷たい風が吹き抜けていくその草原から見える山は、ヨーロッパの峻烈な山々とは違う。どこか柔らかい稜線を持っていて、冷たい中にもゆったりとした優しさがある。そう、タンポポみたいな。そんなワイン。

シャルツホフベルガー・ガビネット 2005

ワイン名:シャルツホフベルガー・ガビネット
ワイン種:白ワイン
生産者:エゴン・ミュラー
生産国:ドイツ
登場シーン:登山ガイドのアンディが雫に飲ませたワイン。バカでかい山や真っ黒な森、とてつもなく長い余韻。俺が知る限り世界で最高のリースリングのひとつだ。こいつは別格だ。とにかくミネラルが凄え。それとスケール感を伴った余韻の長さ。そんなドイツワイン。

フィーヌ・ド・ブルゴーニュ 1986

ワイン名:フィーヌ・ド・ブルゴーニュ
ワイン種:
生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ
生産国:フランス ブルゴーニュ
登場シーン:アンディが登山用に用意したフィーヌ。葡萄の香りがするDRCのフィーヌ。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

レスポンシブ広告アドセンス