美味しいワインを造る新進気鋭の日本ワイナリー!神の雫に登場

grapes-hand

国産ワインと言えば赤玉ポートワインという時代からすると、日本のワインはずいぶん進化しています。

今の日本のワイナリーは本場でワイン作りを学んだ若手醸造家がどんどん参入し、土地の開墾、畑作りから徹底してこだわって造るワインを出しています。老舗ワイナリーや彼ら新規参入勢の努力により、本場ヨーロッパをうならせるワインがすでにいくつも誕生しています。

今回は、そのようなあたらしい日本のワイナリーから、神の雫に登場した注目の造り手をご紹介します。買いやすい価格ではありますが、その味のレベルの高さと希少性により、どれもなかなか手に入らないプレミアムワインです。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

新進気鋭のワイナリー

最初におことわりというか、正直なところを言うと、ここでご紹介する国産プレミアムワインのうち、実際に飲んだことがあるのは少数です、すみません。生産本数が少ないので、ワイナリーの現地ショップ限定販売だったり、購入が抽選だったりでなかなか手に入らないのです・・・。いつかすべて飲みたいものです。

ドメーヌ・ミエ・イケノ

池野美映氏が一人で立ち上げて運営しているドメーヌです。神の雫でもご本人が登場しました。雑誌などでもよく紹介されています。

神の雫作中では、八ヶ岳・シャルドネと八ヶ岳・ピノ・ノワールが紹介されました。日本のテロワールではピノ・ノワール種は難しいと言われる中、香りはまさにブルゴーニュのそれ。しかも日本の繊細さとフランスのエレガンスを併せ持つと表現されています。主人公神咲雫によるとイメージは東郷青児の女性画。

ドメーヌ・ミエ・イケノは、星野リゾートが運営するリゾナーレ八ヶ岳と提携していて、リゾナーレ八ヶ岳内のレストランでワインを飲むことができます。リゾナーレ八ヶ岳はなんとワインリゾートですので、食事はもちろんワインに合わせて最高にマリアージュするものが用意されています。私は次に国内旅行するときは絶対にここと決めています。早く行ってみたい。

ワインはドメーヌ・ミエ・イケノのサイトでオンライン販売されていますが、1人1本のみの予約販売です。生産本数に限りがあり、なかなか手に入りません。

ドメーヌ ミエ・イケノ(Domaine Mie Ikeno)

ドメーヌ・タカヒコ

北海道余市町の家族経営ドメーヌです。オーナーの曽我貴彦氏はテロワールを非常に大切にされ、ワインは造る人の思想と畑が造るもので、自らはドメーヌ経営者ではなく農民であるというワイン哲学をお持ちです。サイトを読めば深い思想とワインに対する真摯な態度が伝わってきます。

土壌や気候に合わせて葡萄栽培をするため、ピノ・ノワールだけで勝負しておられます。ご本人もおっしゃっていますが、これは非常にリスキーです。天候や病気など様々な要因がありますから。すごいこだわりだと思います。

農作業に集中したいという理由で、販売は全国の販売店にまかせています。直販もオンラインショップもありません。販売店は全国にありますが、おそらくどの店も入荷次第売り切れでしょう。仲良くなって取り置いてもらうしかなさそうです。

神の雫にはドメーヌ・タカヒコ・ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール 2010が登場しました。

ドメーヌ タカヒコ(Domaine Takahiko)

月浦ワイン

北海道の洞爺湖町にあるブティックワイナリー、月浦ワイン醸造所が造る月浦ワイン・ドルンフェルダーが神の雫に登場しました。漫画中ではクリスを北海道に旅させるなど、北海道ワインにも注目しているようでしたね。

ドルンフェルダーとは、ドイツが産んだ赤ワイン用ブドウ品種で、日本ではほとんど造っているところがありません。少し軽めの、果実味があるフレッシュなワインになります。

神の雫では、静かな黒い森を悠然と歩く大きな牝鹿と表現されていました。「彼の深い憂いを湛えた瞳が俺を見つめている。何を想っているんだろう」と雫が言ったそのすぐ後で、蝦夷鹿のジャーキーと合わせて飲んでいました。ちょっとシュール(笑

月浦ワイン

高畠ワイン

神の雫では、高畠ワインの高畠シャルドネ樽発酵・ナイトハーベストが、枕草子の冒頭の春はあけぼのにたとえられました。

神の雫作中でも1話まるまる使って紹介されたワイナリーで、醸造家の川邉氏も漫画に登場します。高畠シャルドネ樽発酵・ナイトハーベストはその名の通り、夜に収穫されます。氏曰く、

暑い日中に収穫しようとすると、葡萄の樹は実を取られまいとする防衛本能からなのか、糖分をでんぷん質にかえようとするんですね。そうすると甘味が下がったり、他にも香りが閉じたりと、いろいろワイン作りにはマイナス要素が出てきてしまう。

ところが一番気温が下がる夜明け前に収穫すると、糖度、果実味、そして柑橘系のアロマなどを閉じ込めたままワイン作りに反映できるというわけなんです。

それが複雑で透明感のある味わいを造るとのことです。

ナイトハーベストは生産量が少なく、手に入りにくいですが、神の雫ではこちらのワイナリーのロゼ、高畠バリックプレミアムロゼ・樫樽熟成2011も紹介されています。

しっかりとした辛口の、香り豊かでボディ感のあるロゼに仕上がっていますと、川邉氏の談。実際これはしっかりした味わいのロゼで、色合いも美しいのでおすすめです。

高畠ワイナリー

小布施ワイナリー

長野県にある小布施ワイナリーです。こちらは老舗ですね。神の雫ではドメーヌ・ソガ・ソーヴィニヨン・ブランとドメーヌ・ソガ・ビオ・ルヴァンナチュレル・カベルネ・ソーヴィニヨン・プルミエが登場しました。

小布施ワイナリーは店舗限定販売で、本数も少ないのでなかなか手に入りません。販売しているショップは公開されていますので、そちらに入荷次第購入したいと希望を伝えておくくらいしか・・・。

小布施ワイナリーのサイトを見ればわかるとおり、ワイン造りに相当のこだわりを持っておられます。ちなみに小布施ワイナリー四代目オーナーの曽我彰彦氏は、先にご紹介した北海道のドメーヌ・タカヒコのオーナー曽我貴彦氏のお兄さんです。神の雫でも「小布施ワイナリーの次男だった方が、北海道余市町に移り住んでドメーヌ・タカヒコを開いた」と紹介されています。

神の雫では遠峰一青が飲みました。雪解けの春の光景を前に開かれる弦楽四重奏の屋外コンサートと表現しています。

小布施ワイナリー

ボー・ペイサージュ

検索しても公式サイトは404で出てこない、ワイン購入の仕方もわからないマニアックなワイナリー、BEAU PAYSAGE(ボー・ペイサージュ)。中田英寿氏がワイナリーを取材されてますね。
http://nakata.net/rnp/area/177/

ブドウ栽培から醸造まですべてを仕切るオーナーの岡本英史氏は、雑誌や書籍などにはよく登場しているので、ワイナリーの情報を得ることはできます。ですが、肝心のワインが買えないんですよぉ・・・。常連だけの先行予約で販売が終了しているようです。つまりまずルートを確保しないと手に入らない(泣

神の雫では、ツガネ・ピノ・ノワールとツガネ・シャルドネが紹介されました。飲みたいなあ。

ちなみにボー・ペイサージュの岡本英史氏とKidoワイナリーの城戸亜紀人氏、それと小布施ワイナリーの曽我彰彦氏はウスケボーイズと名乗り、こちらの書籍に詳細がまとめられています。熱いです。

Kidoワイナリー

山梨大学大学院の修士出身である城戸亜紀人氏のワイナリーです。先の小布施ワイナリー、ボー・ペイサージュのオーナーも同じ出身です。

さて、予想できると思いますが、こちらのワインもなかなか手に入りません・・・。公式サイトによると、ワイン発売日の朝に購入希望者が集中して交通渋滞を引き起こしてしまったため、ワイナリーでの店頭販売すら行っていないとのこと。えーと、長野県塩尻市でワイナリーがある場所っていったらなかなかの田舎こんな感じですよ?

Kidowinarymap

これで近隣に迷惑がかかるほどの渋滞とか。うーん、すごい。

それで、現在の購入方法は抽選販売となっています。ワイン銘柄によって年に3回ほど販売時期があるそうですが、応募期間は1週間ほどしかなく、期間外は受け付けてもらえません。通年受けていたら管理に手間かかりますからねえ。小規模で運営されているので、美味しいワインを造っていただくため、我々消費者が合わせましょう。また、そこまでして欲しいと思う人に飲んでほしいという意味も込めてだと思いますし。

神の雫では、白ワインのプライベート・リザーブ・ピノ・グリが登場しました。「和食に合いそうなしっかりした白」というずいぶんあっさりした紹介でしたが。

Kidoワイナリー

リュードヴァン

長野県にある、2010年設立のあたらしいワイナリーです。ワインは2007ヴィンテージからリリース開始です。神の雫ではリュードヴァン・メルローが登場し、爽やかな酸味がある爽快で伸びやかなワインと表現されています。

日本のワイン造りはやはり山梨が有名ですが、長野県もかなり面白いのです。リュードヴァンは千曲川沿いですが、他にも日本アルプス、桔梗ヶ原、天竜川にワインバレーと呼ばれる産地が存在し、観光としても盛り上がっています。

リュードヴァンは、いわゆる耕作放棄地をよみがえらせて造ったワイナリーです。元は林檎農園だったとか。今ではメルローのほか、カベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワール、シャルドネなど、メジャーな葡萄を多く栽培しています。まさに挑戦者です。

ほかにも葡萄の苗木オーナー制度も行っており、オーナーになった葡萄の樹からできたワインが毎年送られてきます。こういった取り組みでさらにワイン市場が広がっていけばいいですね。

Rue de Vin(リュードヴァン)

国産ワインの今後

grapestomp
Photo by:Daniel Spiess

現在ではぶどうの濃縮果汁やワイン自体を輸入して混ぜて造ったものでも国産ワインと呼べるため、政府もワイン呼称のルール整備に乗り出しました。原料の葡萄が日本で栽培され、日本で醸造されたものを「日本ワイン」と表示する案が有力だそうです。いいことですね。

ここにご紹介した日本のワイナリー創業者は、そんな国の動きよりももっと早く、みずからの思想・信念を持って日本でぶどう栽培、ワイン造りを始めた方々です。

どんなものにも流行り廃りはありますが、一過性ではなく市場として発展してきたものには、暗闇に突撃して道を照らす意志や信念をもった個人がいたと思うんですよね。ときにそれは強烈な個性=変人としてあらわれます。でもそれがいい。

さらにそれを文化と呼べるレベルにまで高めるには、あとに続く人間や、それを支える熱狂が必要。だから、あらたな時代を作っていこうとしている日本のワイナリーを応援し、これからもっと日本ワインを飲もうと思います。

・・・というようなことを、円安による輸入ワインの値上がりにおびえながら考えました。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

レスポンシブ広告アドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です