飲み残しワインの保存に!便利なワイングッズや保存容器あれこれ

vacuvin

ワインは一度開けてしまうと酸化がすすむため、保存しにくいお酒です。
何人かで飲むときは空けてしまうのでいいのですが、一人でワインを楽しみたいときもあります。一人で1本飲みきってしまえばいい。という酒豪の方もいらっしゃると思いますが、いつも一人でフルボトルを空けてしまうのは、お財布にも肝臓にも悪いですよね。

飲む量やライフスタイルにもよると思いますが、昨日はワインだったけど今日は日本酒が飲みたいというように、日によって違うお酒を飲みたいということもあります。その日の料理にもよっても、一番合うお酒を飲みたいですし。そんなとき、一度空けたらすぐに飲みきる必要があるワインは不便です。

そこで、今回は飲み残したワインを保存できるグッズをご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

ワイン保存グッズあれこれ

バキュバン VACUVIN

定番中の定番。世界中のワイン愛好家から信頼を得ているバキュバンです。

ボトルにストッパーで栓をして、バキュバン本体のT字の部分を上下させて空気を抜きます。私も使っていますが、手動でキュポキュポ空気を抜いて栓をしておくだけで、1週間以上は軽く持ちます。ワインによっては2週間〜3週間大丈夫なものもありました。完全に真空になるわけではありませんが、機能としては十分です。

空気の抜け具合は、途中で音が変わりますのでわかりやすいと思います。一度空けたワインを飲みきるまでは次のワインを開けないという方は、ストッパー1個付きでいいと思います。私は時々翌日は別のワインが飲みたくなったりしますので、ストッパー2個セットのものを買いました。

白のプラスチックデザインがちょっと・・・、という方には、こちら。↓

シャンパンなどスパークリングワインにはこちら。↓

箱入りのBOXワインをよく飲む方には、こんなのもあります。↓
人が集まったときにあると盛り上がりそうですね。

アンチオックス AntiOx

プルテックスが販売しているアンチオックスです。こちらのアンチオックスは、コルクと同じようにボトルにかぶせておくだけで高価を発揮する優れものです。

ワインの保存は空気を抜いて酸化させないことが基本です。バキュバンは空気を吸い出す方式ですが、アンチオックスは内蔵されたカーボンフィルターが酸素を吸着するという仕組みなので、ポンプが不要です。本当にかぶせるだけ。

後述する窒素ガス充填方式より、保存期間は劣りますが、普段使いには十分な性能です。なによりキャップとしてかぶせるだけという手軽さがメリットです。毎日ワインを飲む身としてはありがたい。

アンチオックス(AntiOx)の詳しい紹介記事はこちら
バキュバンとアンチオックス比較!ワインの保存にはどちらが有効?

デンソー ワインセーバー DENSO WINE SAVER

仕組みはバキュバンと同じ、吸引式の真空保存ですが、こちらのデンソー・ワインセーバーは電動です。

ワインに栓をして、上に本体を乗せると自動で空気吸引がはじまります。本体は光りますので、吸引中と完了が目でみてわかるようになっています。

価格がそれなりにすることと、私は手動での真空保存をそれほど手間と思わないのでバキュバンを使っていますが、こちらのデンソー・ワインサーバーを人にプレゼントしたら喜んでいただけました。年配の方でしたので、年を取ると少しのことがしんどいので助かる、とのこと。

ファンビーノ プライベート プリザーブ private preserve

こちらは窒素ガス充填タイプです。ガスは当然無味無臭で、ワインの味にも影響はありません。

窒素は酸素より比重が重いので、ワインボトル内に充填させると、ワインが酸素に触れるのを防ぐことができます。充填はワインの注ぎ口からスプレーするだけです。後はコルクをそのままかぶせておけばOKという手軽さ。スクリューキャップの場合はそのまま閉めるだけ。ボトルは立てて保存します。

お手軽ですがガスは当然減っていきますので、消耗品としてコスト計算する必要があります。モノによりますが、だいたい1回あたり20円前後というところでしょうか。一般的に、空気を抜くタイプよりも酸化を防ぐ手段として信頼性は高いので、高級ワインに使うといいかもしれません。

プラティパス Platypus プラティ・プリザーブ

パック詰め方式のワイン保存容器です。ワインにとっては最近メジャーになりつつあるこの方法。何年か前からお醤油がこの方式で販売されていますよね。鮮度の一滴とか生しょうゆとか。醤油も酸化する食品ですので、いつでも新鮮なまま使えるというパック詰め方式はヒットしています。何度か開けても、その都度空気が入らないように保存できます。

この商品は、フルボトルが丸々1本入りますので、飲み残しの保存という用途以外に、お花見やキャンプなど、外でワインを飲む時にあらかじめ移し替えて持っていったりするのに便利です。登山家の方は、テント泊のときや頂上で飲むためのワインを持っていく入れ物として利用されているようですね。ボトルのままだと重いですから。

ワイン以外の液体にも使えますので、家に1つ2つあると便利です。移し替えの手間よりバキュバンの方が簡単なので、私は普段飲みはバキュバンのままですが、これは醤油などにも流用できるのがいいですね。

保存可能期間について

保存ができる期間については、ワインによるとしか言えないのですが、私が10年以上ワインを飲んで来た中で感じるのは、バキュバンしておけば1週間はどのワインでもいけます。1ヶ月以上冷蔵庫に放置してしまったワインが結構おいしく飲めたこともありますので、1週間以上は絶対ダメというわけではありません。元々ワインは味の変化も楽しむ飲み物ですので、1週間おいたものが逆においしくなっていることもあります。

1,000円前後の安ワインだと、翌日にはすでにへたっているというものもまれにあります。私は自分の基準として、そのまま保存なら翌日には飲みきる、バキュバンか窒素充填するなら2週間以内に飲みきる。とだいたい決めています。通常は1週間以内に飲みきることが多く、酸化による劣化を感じることはほとんどありません。

すべてに共通しますが、飲み残しワインはワインセラーか冷蔵庫で保存します。温度変化が少ないことや光が当たらないという条件において、やはりワインセラーが最適ですが、冷蔵庫でも問題ありません。赤ワインだと冷蔵庫保存に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、グラスに注いで飲む際にすこし待って適温にしてから飲めば、味わいは変わらないので大丈夫です。

参考:おすすめの家庭用ワインセラー

快適なワインライフのために

ワインボトル
飲み残しワインの保存がしっかりとできれば、ワインを開けるのに躊躇せず気軽に楽しむことができます。いちど保存方法を検討して、我が家はこれと決めてしまえば、あとは飲む量やタイミングを気にせずに、その日の料理に合わせてワインをセレクトしたり、体調によっては飲むのを休んだりも自由にできます。

好きなときに好きなワインが飲める幸せのために、まず最初に保存方法決めるといいと思います。こういったちょっとした不便やストレスを減らしていくことは、ワインに限らず、毎日を快適に暮らすコツですよね。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告アドセンス

レスポンシブ広告アドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です